終曲

サンタナ調ロックギターによるバラード。

この曲はピアノを弾きながら自然に出来上がっていった。最終的には乾いた感じを出すためにエレキピアノで演奏されることになった。1970年代のロックの雰囲気をイメージしている。アコースティックピアノソロによるバージョンもいずれ発表できればいいな、と思っている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。