コール・ミー・アゲイン

ピアノとエレクトリックギターによるアダルトコンテンポラリージャズ・ロック。

夜の高速道路をイメージしてしまう、渋く大人っぽい一曲。ドリアンモードによる独特の世界が形成されている。2001年のライブでも演奏され、白熱のソロが展開された。

この曲は実はハービー・ハンコック (Herbie Hancock)によって創られたのかも知れない。そしてビートはジョー・サンプル (Joe Sample) によって運ばれて来たのかも知れない。そして、本当はウェイン・ショーター (Wayne Shorter) によるサックスソロが展開されたがっていたのかも知れない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。