ハッピー・トゥ・ミート・ユー

ジャズオルガンによるゴキゲンなパーティポップ。オルガンのソロとバッキングが印象的な曲。

ある夜、僕たちは仲間と一緒にパーティーを開いていた。 料理はピザやお菓子やケーキ。飲み物はシャンパーンやビールやウィスキーなど。自分たちが好きなものを持ち寄る。たくさんの男女が僕の家に集まり、それぞれ興味のある女の子や男の子に向かって話しかけていた。いくつかのグループができていき、いくつかのカップルが誕生する。

そのとき、ステレオからはとびきりご機嫌なエレクトリックオルガンが聴こえていた。ちょっとクールなアメリカン 50’s風のそのエレクトリックオルガンは、否応なくさらにパーティーを盛り上げていった。

たわいのない夜が更けてき、僕たちは明け方まで騒ぎ続けた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。