ショパン (Chopin) 『別れの曲 (Etude No 3, Op 10)』のあの難解な中盤に関する考察

Chopin Etude No 3, Op 10

フジ子・ヘミング ~ ショパン 「別れの曲」

フジ子・ヘミング

ずいぶん前に音楽好きな友人とショパン (Chopin) の話をしているときに、『別れの曲 (Etude No 3, Op 10)』のあの中盤の難解な部分に関して、友人は「あんな部分いらない」と冗談交じりに言った。当時の私は彼の意見に全く賛成だった。『別れの曲 (Etude No 3, Op 10)』をポップスとして捉えた場合、あの難解な部分は全く不要である。しかしそれからいくつもの時が通り過ぎた今、全く逆の見解が生まれてきた。「いや、あの難解な部分は必要不可欠である」と。そして、あの難解な部分をピアノで繰り返し弾いてみたときに改めて理解できてきた。やはり必要不可欠である。あの部分がなければ、芸術作品としての『別れの曲 (Etude No 3, Op 10)』は成立せず、単なるポップスで終わってしまう。

私はリチャード・クレイダーマン (Richard Clayderman) の『別れの曲』を聴いて、この曲を初めて知り、その後、父が持っていた古いレコードによってショパン (Chopin) による原曲を知った。そのときにあの難解な部分を聴いたとき、私はそれをピアノで弾きたいとも思わなかったし、素晴らしい、とも思わなかった。というより、全く理解できなかったし、あんな部分は、ない方が聴きやすいし、弾きやすいのに、と思った。だから私はリチャード・クレイダーマン (Richard Clayderman) のために編曲された『別れの曲』が大好きだった。そして、今も決して嫌いなわけではない。

リチャード・クレイダーマン (Richard Clayderman)

全ての芸術に関して理解できる、できないの基準は、私は個々の感性に委ねられるものだと思っている。つまり0.001秒の間に直感的に感じる部分の話である。芸術と向き合うときに理屈は一切必要ないと思っている。人が誰かを愛するときのように。。

『別れの曲 (Etude No 3, Op 10)』のあの難解な部分をよく観察してみると、減音音階と半音階による進行を駆使して構成されていることがわかる。そしてそれはジャズ的に解釈してみると、まさにインプロヴァイズされた部分、つまりアドリブ的要素に満ちた部分とも言える。ジャズの世界でも、減音音階や半音階が多用されるアドリブやアレンジは近代的な響きが得られる一方で、抽象的で難解なイメージになりやすい。

余談になるが、ジャズの演奏家のアドリブを採譜するのが時に困難であるのと同様、この曲も、高度なアドリブ的要素に満ちた難解な中盤部分に関しては、暗譜するのはたいへん困難で、それが当たり前のことなのだろう。

さらに、感傷的なメロディーによるテーマとの関連で見た場合、それは展開された、元のメロディーとは全く対比する別の世界へと発展したものと考えられる。人の人生においても、苦しい時期を乗り越えてこそ、やがて訪れる柔らかなひとときがより一層輝きを増すように、この楽曲においても、あの難解で近代的な響きに満ちた中盤の部分を通り過ぎることによって、感傷的で美しいテーマがより一層輝きを増すことになる。そして、それが存在しない場合とでは比較にならないくらい、より深みを増した豊かな世界が形成される。ショパン (Chopin) がそれを意図したのかどうかは別として。

そしてジャズ的なフレーズを織り込みつつ収束し、元のテーマへと還っていく。

あの難解な中盤の部分を含めた上で、この楽曲はトータルでやはり素晴らしいと今では思う。また、演奏する側の観点から見ても、繰り返し弾く度に新たな想像と発展を喚起する、本当に飽きない、優れた楽曲のひとつだと思う。そして、ショパン (Chopin) は優れたメロディーメーカーであると同時に、やはり、天才的な音楽家であり、芸術家なのだなと、つくづく思う。

冒頭で述べた友人とは久しく会っていないが、私が摩訶不思議黄昏色楽団 (Magical Twilight Orchestra) として音楽活動をしているのと同様、未だに彼も音楽活動をしていると聞く。いつか彼と再会し、マティーニでも飲みながら、この楽曲に関して、話してみたい。そして、彼が今どう感じているか訊いてみたい。

お薦めの曲『Twilight Room / 黄昏ゆく部屋 – Magical Twilight Orchestra / 摩訶不思議黄昏色楽団

Twilight Room / 黄昏ゆく部屋 - Magical Twilight Orchestra / 摩訶不思議黄昏色楽団


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>