恋人たちのデュエット

ピアノトリオとコーラスによるスローテンポのジョージ・マイケルのようなジャズバラード。

当初はコーラスのみのアカペラ曲として編曲されていたが、レコーディングの段階になって、ピアノトリオ&コーラスという構成に変更された。アカペラバージョンとは全くイメージが異なるが、このアルバム全体のキラキラしたイメージにはマッチすると思っている。アカペラバージョンは捨て難いと思っているので、機会があれば、別バージョンとして発表したいと思っている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。