回想

別れた恋人や亡くなった人、そして動物。彼らに伝えられなかった想い、与えてあげられなかったこと。誰にでもある後悔。「愛とは決して後悔しないもの」という映画『ある愛の詩』の中の名セリフを例えば「青春とは後悔しないもの」と置き換えてみる。しかし後悔するのが人間だということだろう。「後悔先に立たず」後悔しないようにベストを尽くす。多くの人はそのようにありたいと思う。しかし、やはり人間は愚かなもの。だから「後悔」という言葉が用意されているのかも知れない。

英語タイトルの『Recollection』を直訳すると「後悔」になる。しかし、日本語タイトルを「回想」としたのは、回想することはあっても、二度と後悔はしないということなのだろうか?

もしかすると、この曲はこのアルバムの中で最も人気がある曲なのかも知れない。

ピアノトリオによるメロウなジャズ。

1996年秋に『A View Of Rain / 雨色の風景』と共に連作として作曲された曲。スタジオではエレキピアノ バージョンとアコースティック ピアノ バージョンの2テイクが録音されたが、今回のアルバム『黄昏色のBARが語りかけてくる オリジナルサウンドトラック』では、 最終的にアコースティック ピアノ バージョンが採用されている。

 

この前、ピアノの音色を追いかけていたら – 玉響 ひとときのリラックスTime

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

回想” への1件のコメント

  1. ピンバック: Recollectionフルバージョン公開終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>