謝肉祭(皮肉なドラマ)

ピアノによるSmooth Jazz。

『黄昏色のBARが語りかけてくる オリジナルサウンドトラック』アルバムのオープニングを飾るのは意表を突くライブ録音だ。観衆の盛り上がり振りも興味深い。また、この曲はアルバム全体を通してのテーマ曲にもなっている。

当初この曲はピアノソロで弾かれていた。しかし、アルバム収録に当たり、JAZZ ROCK調のアレンジが施されることになった。全然メロディーもリズムも異なるが、実はこの曲は『黒猫のタンゴ』に近いイメージだと思っている。『黒猫のタンゴ』は日本で生まれた優れたメロディーだ。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>