陳腐なクリスマスソング

エレキピアノによるクリスマスバラード。

2001年のライブでも演奏され、当時の楽団メンバーも気に入ってくれていた。また、このライブのときの観客の反応を見て、摩訶不思議黄昏色楽団 (Magical Twilight Orchestra) はその後、本格的な制作活動に入っていくことになる。

2001年のライブ演奏時には『陳腐なクリスマスソング』というタイトルは仮タイトルとしてつけられていた。そして今回の正式リリースに併せ、いったんは『白い恋人たちのクリスマスソング / The Christmas Song for White Lovers』というタイトルに変更されようとした。しかし、やはりこの楽曲には元の『陳腐なクリスマスソング / The Heart Of A Broken Christmas Song』というタイトルがふさわしい、と感じられたため、タイトルは元に戻されることになった。尚、このタイトルはJ・D・サリンジャーの短編小説のタイトルに由来している。

また、編曲には当初、女性コーラスはなかったのだが、2001年のライブ演奏時に女性コーラスが加えられ、そのときのイメージが印象に残っていたため、最終的に女性コーラス入りのバージョンが採用されることになった。その他、ハーモニカソロ入りやアコースティックピアノバージョンなども試みられたが、最終的に現在のバージョンに落ち着くことになった。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>