セガ (SEGA) のカーレースのゲームの音楽が好きだった

そのころ、私は会社に勤めていて、昼休みに昼食をとった後、喫茶店に行くか、またはゲームセンターでゲームに興じるかの2択で時間を潰していた。そしてよくゲームセンターに行ったのだが、私がプレイするゲームは決まっていて、それがセガ (SEGA) のカーレースのゲームだった。私はそのゲームが得意で、4つあるステージの最後までをクリアすることができたため、昼休みのある程度の時間を潰すのにはちょうど良かったのだ。

そして、その最後のステージをクリアするとゲームのエンディングの音楽が流れるのだが、その音楽が何とも心地良く、私はゲームが終わってからも、次に待っている人がいなければ、その音楽が終わるまで、そのサウンドに聴き入っていた。それは、会社から解放され、束の間の昼休みにほんの少しだけ得ることのできる癒しの時間だった。そして、そのメロディーを聴き終わると、私はゲームセンターを後にして、また足早に会社に戻っていく。そのころの私は会社に馴染むことができず、仕事には夢中になっていたものの、人間関係は思うようにいっていなかった。だから、余計にその音楽が心に響いていたのかもしれない。

やがて私はその会社を去ることになり、ゲームセンターにも行くことはなくなった。もともとゲームが好きだったわけではなく、そのゲームに熱中していた理由もどちらかというと車を運転するのが好きだったからなのだ。しかし、あのゲームのエンディングに流れていた音楽と風景のイメージはその後も私の頭の中に微かに残っていた。

そして、最近になってWebでこのゲームのことを調べてみると、思いの他、ファンが多いことがわかり、また、その音楽の作曲者まで知ることができた。

セガ (SEGA) の1986年に発売されたゲームで、アウトラン (OUT RUN) というのが正式名称らしい。音楽は川口博史という人が創っていて、日本のゲームミュージック界の著名な作曲家のひとりらしい。私が好きだった曲は『Last Wave』という曲だったということもわかった。

しかも、このセガ (SEGA) のゲームの音楽は、別バージョンでCDも発売されているという。なるほどな、と思った。私が気に入ったエンディングの曲だけでなく、ゲームをプレイしているときに流れる曲全てがフュージョン系の心地良い音楽だったのだ。ファンも多かったに違いない。実際、Webでも未だに話題になっているようだ。

このゲームは3Dゲームの走りらしいが、その後のよりリアルな3Dゲームよりもまだ平面的で、絵や色彩にもどこか温かいものを感じさせられた。そうそう、1980年代前半にザ・バグルズ (The Buggles) の『ラジオスターの悲劇 (Video Killed the Radio Star) 』という曲があって、テクノポップでありながらも聴いたときにどこか暖かさを感じさせられる、あの雰囲気を彷彿させるような。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>