世界でいちばん好きなドラマーはリンゴ・スター (Ringo Star)

いろいろな音楽を聴いていて、これだけははっきりと言えることがある。それは、世界でいちばん好きなドラマーはリンゴ・スター (Ringo Star) だということ。リンゴ・スター (Ringo Star) と言えば、ザ・ビートルズ (The Beatles) の中では、彼らを主人公とする映画『イエロー・サブマリン (Yellow Submarine) 』の中でも描かれているように、おとぼけキャラのようなイメージがあるが、ドラムに関しては紛れもなく天下一品だと思う。

涙の乗車券 (Ticket to Ride) 』の独特なリズム、『デイ・トリッパー (Day Tripper) 』から『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band) 』『マジカル・ミステリー・ツアー (Magical Mystery Tour) 』『ヘイ・ジュード (Hey Jude) 』『レット・イット・ビー (Let It Be) 』に至るまで、リンゴ・スター (Ringo Star) のドラムは聴けば聴くほどカッコいい!そのノリとリズム感、フィルインのセンスが抜群だと思う。スネアのキレも最高だ。尚、ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) のチャーリー・ワッツ (Charlie Watts) も素敵だが、私の場合は僅差でリンゴ・スター (Ringo Star) に票を入れてしまう。『ツイスト・アンド・シャウト (Twist and Shout) 』だって、ジョン・レノン (John Lennon) のヴォーカルはともかく、リンゴ・スター (Ringo Star) のドラムも相当イカスと思いませんか?

ザ・ビートルズ (The Beatles) の音楽を聴くときに、リンゴ・スター (Ringo Star) のドラムがなかったら、またちょっと世界が変わっていたと思う。ドラマーがリンゴ・スター (Ringo Star) だったからこそ、ザ・ビートルズ (The Beatles) の音楽はより良くなったのだと個人的には確信している。

実は私は学生時代にドラムをかじったことがある。本来ならキーボードで良かったのだが、それでは面白くない、と思ってしまった。そういう性分がその後の自分を摩訶不思議な人生へと導いていくことも知らず。そして、そのときにイメージしていたのがリンゴ・スター (Ringo Star) のドラムだった。と言っても、私の場合はオカズ (フィルイン) が多過ぎるのと、日によって演奏の落差が激しかったということもあり、決してリンゴ・スター (Ringo Star) のように叩くことができたわけではないのだが。

摩訶不思議黄昏色楽団 (Magical Twilight Orchestra) の楽曲の中のドラムは、私の学生時代の経験もあり、とてもこだわっている。時には差し替えたりもするし、気に入らなければ、最初からやり直したりもする。ドラムによって楽曲の印象は随分変わるからだ。そして、このときも、やはりお手本にしているのが、常にリンゴ・スター (Ringo Star) のあのキレのいいドラムなのだ。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>